蒲郡信用金庫豊川北支店

地域密着型の金融機関として長年親しまれてきた信用金庫の、老朽化による建替えである。
今回の計画では敷地を南側に拡げて駐車場を広く確保し、東西の道路からのアクセスが容易な利便性の高い支店とした。外観はタイルを基調としながら、正面に大きなガラス面を設け、アルミルーバーをアクセントとするなど、重厚感の中に透明感や明るさが感じられるデザインとしている。ロビーは天井高を3.3m確保することで、明るい空間となっている。
環境負荷低減の方策としては、1階西側のショーウィンドウ部に簡易エアフローウィンドウ(ガラスを二重にし、日射によって暖められた空気を排気するしくみ)を採用し、2階のガラスには熱線反射ガラスを使用することで冷暖房負荷の低減を図った。屋上に10kw相当の太陽光発電パネルを設置し、発電した電力を空調の動力の一部として利用している。

Data

所在地
愛知県豊川市三蔵子町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
トーヨーホーム株式会社
敷地面積
1922.12㎡
建築面積
407.86㎡
延床面積
609.19㎡
構造
鉄骨造
階数
地上2階
工期
2013年10月~2014年7月