北伊勢上野信用金庫上野営業部
総合監修 ティーファス
2015

伊賀上野の街並みに調和したデザイン
北伊勢上野信用金庫は、三重県四日市市に本店を置く北伊勢信用金庫と同県上野市に本店を置く上野信用金庫が、2004年1月に合併発足した金融機関である。旧店舗は上野信用金庫の本店であったが、前面道路拡幅のため道を挟んだ向かいの土地に地域の母店として新築移転された。
外観は、屋根をいぶし瓦葺き、外壁を白い漆喰調塗装とアルミ製連子格子とチャコールグレーの磁器質タイルで構成し、城下町の面影が残る伊賀上野の街並みに調和するデザインとした。2階の庇と連子格子は、西日による熱負荷の低減にも効果を上げている。
内装にも「和」をモチーフとした温かみのある材料を選び、1階ショーウィンドウなどの開口部の強化和紙による障子は、営業室の奥までやわらかな光を持ち込んでいる。

上西真哉

Data

所在地
三重県伊賀市
主用途
信用金庫
事業主
北伊勢上野信用金庫
建築主
北伊勢上野信用金庫
総合監修
ティーファス
施工
福田豊工務店
電気:上野電工
空調:上野都市ガス
衛生:名阪設備工業
構造
S造
規模
地上2階
面積
敷地:1,169.93㎡
延床:887.11㎡
建築:503.62㎡
竣工
2015年7月
『建築画報372号』(2017.9)より抜粋