東春信用金庫名古屋支店2018

 東春信用金庫名古屋支店の老朽化に伴い、同一敷地で建替えられた支店である。
 中高層の建築物が立ち並ぶ広小路沿いの敷地であるが、小型店舗でありながら一目で東春信用金庫の店舗だと分かるよう、面を強調したファサードデザインとした。また、1階正面はガラス張り、2階は黒を基調とした大型タイルで構成することでファサードに対比を持たせ、金融機関らしい重厚感と同時に、親しみやすさを感じられるような外観とした。
 店舗内部は、受付カウンターで窓口対応の作業を全て行う「一線完結型」の平面計画とし、将来対応を考慮して一線と二線の間を可動間仕切りにした。

Data

所在地
名古屋市千種区春岡
総合監修
ティーファス
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
滝建設
面積
敷地:547.17㎡
建築:239.56㎡
延床:383.34㎡
構造
鉄骨造
階数
地上2階
竣工
2018年3月~2018年10月