蒲郡信用金庫 東田支店2019

 店舗の老朽化に伴い、同一敷地内で建て替えを行った。旧店舗の横に新店舗を建設、オープン後に旧店舗を解体、跡地は来客用駐車場と、身障者車室と駐輪場の機能を持つ上家を設置した。
 この上家はサイン塔としての機能もあり、水平基調のデザインで支店本体と一体のボリュームと統一性を持たせ、夜間は壁面を使った金庫サイン全体を表現するライン照明を採用した。これらにより前面道路からの視認性に配慮したデザインとなっている。
 ATMコーナーやロビー、応接室などお客様ゾーンは、明るく落ち着いた色調で内装材や家具が選定された。ロビーは待合エリアとカウンター側の接客エリアを床材の仕様で分けることで柔らかくプライバシーの配慮を意識してもらえるようにしている。

Data

所在地
愛知県豊橋市上地町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
オーテック
敷地面積
1072.00㎡
建築面積
486.75㎡
延床面積
937.08㎡
構造
鉄骨造
階数
地上2階
工期
2018年4月~2019年4月