旅籠屋「清明屋」復元 二川宿本陣資料館増築2005

 本陣東に隣接する旅籠屋「清明屋」は、1817(文化14)年に建てられた旅籠屋遺構で、主屋・繋ぎ棟・奥座敷からなり、一連の建物が完全な形で保存されている貴重な建築物である。3ヵ年にわたり全解体・改修復原工事を行い、間取図の残る江戸時代末期の姿に復原した。
 本陣資料館は江戸時代の街道をテーマに展示を行う施設として平成3年に新築したもので、清明屋の復原に合わせ資料館東に企画展示室と収蔵庫を増築し、資料館として展示と収蔵機能を充実させた。

Data

所在地
愛知県豊橋市二川町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
間組
敷地面積
3,449㎡
建築面積
1,504㎡
資料館増築:213.35㎡
延床面積
1,920㎡
資料館増築:363.27㎡
構造
W造・RC造
階数
地上2階
工期
2003年6月~2005年2月
PDF添付