日本車輌製造研修センター2011

日本車輌製造株式会社本社敷地内に社員教育のための研修を行う施設として計画された。敷地西側がJR・名鉄の線路に面し、騒音・振動に配慮した仕様が条件となったため、騒音対策として外壁にはPC版を採用、振動対策として基礎全面に押出発砲ポリスチレンフォームを設置し地盤面との縁を切ることを行なった。また騒音・振動については実施設計前の机上検討と竣工後の測定検証を行い、性能が確保されていることの確認を行なった。環境配慮事項としては、PC版一体による庇の設置、高性能熱線反射ガラス、トイレにLED照明を採用している。

Data

所在地
名古屋市熱田区
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
ジェイアール東海建設
敷地面積
12,675.93㎡
建築面積
366.10㎡
延床面積
671.81㎡
構造
鉄骨造
階数
地上2階
工期
2010年8月~2011年3月