アサヒビール吹田工場 物流棟2018

アサヒビール吹田工場内に製品保管および出荷のための倉庫(物流棟)と、既存倉庫と物流棟を結ぶコンベアブリッジ棟を計画しました。
本件で最も困難だったことは、既存倉庫と新築建物の棟を分けることでした。既存の倉庫は既存不適格建築物で増築を行う場合は準耐火建築物を耐火建築物へ変更する必要がある建物でした。今回計画する建物と棟を分け、遡及させないことが計画段階での一つのハードルとなりました。
計画では「建物は構造的に独立させること」、「可能な限り既存建物とはクリアランスを設けること」の2点を考慮した計画としました。また、コンベアブリッジは建物の扱いを「屋根」とすることで、床面積を発生させない計画としました。以上の内容を行政と審査機関に協議することにより、建物を別棟と認めてもらうことができました。
東側の外部階段と設備シャフトは線路沿いからよく見えるため、ルーバーで覆うことで視線を遮り、シャープなイメージとなるよう配慮しました。
5階の作業所は6~7mの十分な天井高さを確保し、上部に光拡散型トップライトを設けることで、フォークリフトの作業性を確保した、明るく広々とした空間にしました。また、6階の事務所は吹き抜けを介して、5階作業所の様子が見えるように、作業場に面してガラス開口を設けました。

谷黒新太

Data

所在地
大阪府吹田市西の庄町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
清水建設株式会社
用途
工場、倉庫、事務所
面積
延床:7340.87㎡
構造
鉄骨造(一部CFT造)
階数
6階
工期
2017年2月1日~2018年4月30日