ワークマン伊勢崎流通センター2017

群馬県伊勢崎市に拠点がある作業服大手のワークマンの保管型流通センターである。
既存センターの敷地が増築を繰り返し手狭になっていたため、新規事業を展開するために近隣敷地へ移転することになった。将来の物流量の拡大に備え、敷地内への増築に対応できるように計画した。
敷地の北側にある赤城山からは、赤城おろしと呼ばれる冬場の冷たい強風が吹いており、その強風を避けるため、風向きと平行になるように南北方向に建物を配置した。
国道354号線及び周辺道路から、看板面がよく見えるように塔屋看板の配置を検討した。また、コーポレートカラーである黄色をアクセントカラーとして取り入れ、黄色が派手になりすぎないように抑えつつ、効果的に見えるように配色計画を行った。創業以来地域とともに発展してきた企業の広告塔としての役割も担っている。

Data

所在地
群馬県伊勢崎町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
冬木工業
電気:マルフク電気
空調:パナソニック ES ファシリティ エンジニアリング
衛生:パナソニック ES ファシリティ エンジニアリング
昇降機:イーケーエレベータ
外構:鹿島道路
用途
倉庫
敷地面積
38,896.98㎡
建築面積
17,341.76㎡
延床面積
32,848.06㎡
構造
鉄骨造(一部CFT造)
階数
地上2階
工期
2016年3月~2017年1月