ホーム > ライブラリー > 264号(1997年8月)> 設計事務所のかたち

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ

設計事務所のかたち
近江  栄 日本大学名誉教授・工学博士
織田 愈史 伊藤建築設計事務所 代表取締役社長

■「コク」と「キレ」

織田 近江先生と直接お目にかかったのは、先生が千代田区の景観賞の審査委員長をされていて、その第一回目に私ども事務所の2作品が入賞した表彰式の会場でした。そのことがきっかけで今回の対談をお願いする事になりました。それには私どもで設計した「アサヒビール茨城工場(1992年茨城建築文化賞受賞)」を見ていただき、景観や建築の設計についてお話をお伺いするのが一番だと思いまして、勝手なお願いとなりました。まずは試飲されたスーパードライの味はいかがだったでしょうか。実は、このビールのコンセプトが「コク」と「キレ」なんです。同様に、建築にもコクとキレがある様な気がするんですが。

近江 なるほど。しかし、最近の建築は「キレ」ばかりの物が多くて「コク」のあるものは少ないですね。特にメジャーなジャーナリズムが、メタリックで軽くて大きなガラス面を多用した無機質な透明性のみの建築をトレンドとして追い求める傾向が気になります。もっと生命力を感じさせる有機的な素材の選択が期待されます。

織田 ところで以前、藤沢市から電話がかかってきまして、伊藤事務所の作品が景観賞に決まりましたから表彰式に出席して下さいと言われました。詳しく聞きましたら、バードビュー的感覚(鳥の様に市域を見渡す)で市民の方々が選んでくださったということでした。最近は色々な観点から景観賞を出す自治体の数も増えてきていますが、定着するでしょうか。

近江 以前、顧客満足度というのがRIBA(イギリスの建築家協会)で取り上げられて、ようやくそのことに建築家も気付き始めた。要は、アーキテクツ・アーキテクチャー(建築家好みの建築)ではなくて市民の方たちがどう受け取るのかという事をいままではみんなネグってしまっていたんですね。そういう価値観が生まれ始めている基盤には、全国的な都市の景観賞なども大きく役に立っていると思いますよ。

織田 しかし、まだまだ建築家の意識は自身の作品だけに集中しているし、できあがったものを見る住民の方も建築に対する評価なんて慣れていないから、どれがいい建築なのかわからない。又その代理者である行政側で、とんでもない公共建築を造っても誰もクレームをつけない。それと、地方都市と大都市とでは景観の考え方に非常に差がありますね。

近江 把握しにくい難しい問題がいろいろあるようですね。景観保全を考える時に、ある建築が環境に一つのインパクトを与えると、周辺の環境も良くなっていく起爆剤となる場合もあるし、建築家としてはただコンサーパティブに地域の現況に調和する事だけを考える場合もあるけれど、お役所の人や地元の人たちの願望は、もうレトロはいいよ、という様な格差があったりもする。

織田 そうですね。具体的にかたちにする前の話し合いを充分にもたないといけない、という事になりますか。

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ