ホーム > ライブラリー > 264号(1997年8月)> 明日を考える

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

明日を考える
柳澤  忠 名古屋市立大学芸術工学部学部長・教授
森口 雅文 伊藤建築設計事務所 代表取締役副社長

■設計事務所とビジネス

森口 柳澤先生には、これまで前会長の伊藤鑛一の頃より私どもの事務所を側面から眺め、いろいろご助言をいただいてまいりました。また創立15周年以来、5年毎に建築画報の弊社特集号の紙面に寄稿いただいたり、対談させていただきましたが、今回は創立30周年を迎えるにあたり次のようなことを中心に、先生の長い教育と設計実務のご経験の中からお話しをお聞かせください。一つは、現実にいま、世間で問われている「設計事務所のつとめ」、次に「これからの設計事務所のありかたと役割」、最後に「これから建築家を目指す学生の教育」についてです。

柳澤 私と伊藤建築設計事務所さんとのおつき合いは、名古屋大学建築学科の創設(昭和38年)の頃からで、現会長の鋤納さんや森口さんに非常勤講師をお願いしたり、「愛知県赤十字血液センター」や「一宮市立市民病院今伊勢分院」などで一緒に仕事をさせて頂いたことがあります。以前には伊藤設計事務所が応募なさったコンペで、私が審査にあたったことも何回かありました。コンペといえば私は、日本の設計界は中規模の設計事務所がリードしていくべきだと思っているんです。勿論、アトリエ的な小人数でやっている所や大規模な設計事務所も大切ですが、コンペという非常に重要な場面で、伊藤事務所さんの様な中規模の設計事務所が良い作品をもっと出して下さらないかなと思っているんです。それはさきほどの設計事務所がこれからどうあるべきかという事に繋がってくるのではないでしょうか。

森口 先生が中規模とおっしゃいましたが、私どもの事務所はいま、事務職員を含めて東京と名古屋の両方で84人です。仕事のやりやすい規模というか、構造や設備など一通りのスタッフを揃えて、しかもお互いに感覚的に通じ合える人の集まりは、これ位の数から100人までではないかと思っております。

柳澤 各地の設計コンペでは大規模事務所だけが指名されることが多いのですが、もっと中規模事務所を指名すべきだと思います。大規模だと仕事を専門的に分担できるメリットはあり、病院などの専門チームができると専門用語がわかるなどでクライアントに信頼されるのですが、逆に病院設計にばかり凝り固まってしまう側面もあります。ホテルを設計できる人が従来の病院にないものを実現してくれる期待もあります。ホスピタリティの本領を理解している設計者っが多角的な活躍をしてほしいのです。

森口 病院や教育施設など専門分野を決めるのは、たしかにビジネスとしては効率がいいのでしょう。私どものような事務所の規模でも、たとえば設計と監理を分けてやるかどうかという議論もいたしますが、私どもの場合は作品毎に一つのチームを組んで仕事にあたりますが、民間の仕事が8割を占めることもあり、チームを組んだ後は、企画から設計、監理はもちろん、作品を竣工させてお納めしたあと、そのメンテナンスまで一貫してそのチームがお世話するという態勢をとっています。ビジネスとしての効率は決して良くないかもしれませんが、そこに我々の建築への取りくみ方をご理解いただければと思います。最近よくいわれるサスティナブルという言葉も技術のキーワードとしてだけでなく人と人、人と物との関係にまで責任を及ぼしたいものです。
柳澤 伊藤事務所さんが出されたコンペで私が審査を担当したものに一宮市の卸売市場がありました。説明の文章が図面の中に書き込まれていて、とても判り易かったのを覚えています。きっと卸売市場の専門の人が見ても「大事なポイントをきちっと押さえているな」と思ったのではないでしょうか。そういったポイントのつかみ方、いろんな専門家の方々の知恵をうまく引き出して設計の中に取り込むとか最終的にそれをちゃんとまとめて表現する事、そして建て逃げではなくファシリティマネージメントを含めた仕事をするという事が設計事務所の総合的な能力だろうと思います。伊藤事務所さんの様なそういう力を持っている中規模の設計事務所というのが、実はなかなか日本にはないんです。


前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ