中部地方整備局天竜川ダム 統合管理事務所2008

この施設の中枢である、ダムコントロール機能を備えた操作室棟を、ダムが監視できる場所に建設、機能を移行させた。その後、既設庁舎の解体、跡地に庁舎棟の建設、操作室棟と渡り廊下で接続し、一体的な庁舎として完成した。
操作室棟は庁舎と渡り廊下で3階のみ接続し、一般利用エリアと動線を分けることで防犯機能を確保している。防災拠点としての高い耐震性能、ダム放水時の泥しぶき対策、岩ツバメが巣を作りにくいディテール、寒冷地対応等の機能を持った施設とした。

Data

所在地
長野県下伊那郡松川町
設計
伊藤建築設計事務所
監理
国土交通省中部地方整備局
伊藤建築設計事務所
鈴木建築設計事務所
施工
(操作室棟) 勝間田建設
(庁舎棟、渡り廊下) 吉川建設
敷地面積
24,810㎡
建築面積
725㎡
延床面積
1,782㎡
構造
(操作室棟) 鉄筋コンクリート造
(庁舎棟) 鉄筋コンクリート造
(渡り廊下) 鉄骨造
(分別ごみ置場) 鉄骨造
階数
(操作室棟) 地上4階
(庁舎棟) 地上3階
(渡り廊下) 平屋建
(分別ごみ置場) 平屋建
工期
2005年9月~2008年3月