職員インタビュー - 小坂 信哉

職員インタビュー
(2018年時点)
小坂 信哉
建築担当
建築学専攻修了
2014年入社
一級建築士
東京事務所勤務
  • 自分が考えた意匠が現場で
    実際に建っていく楽しみ
  • 建築設計の魅力
     設計業務は多種多様な知識と、コミュニケーション能力が必要です。基本計画で自分が思い描いている物を施主様にどう伝え、納得してもらい実施設計に進めるかが重要です。実施設計が終わり、工事が始まり、自分が考えた意匠が現場で実際に建っていく楽しみはみなさんの想像以上だと思います。入社した当初は右も左もわからず、覚えることの膨大さに圧倒され、自分にできるか不安になった時期もありました。しかし1つずつ考えて理解していくうちに、細かいことを考えるのが楽しみになりました。竣工式などで施主様に、「いい建物が出来た。ありがとう。」と言ってもらえた時は、今までに感じたことない高揚感を味わえるかもしれません。
  • 大切にしていること
     学生時代の知識をそのまま業務で活かせることは正直少ないと思います。
     デザインも重要ですが、それを実現するために何が必要なのか、どうすれば出来るのか、という知識と経験が必要です。学生のときに見た建築家の作品やデザインについては、ファサードだけでなく、部材の取り付き方、仕上げ等の質感まで見て感じて、時にはスケッチをしています。見て感じたことを必ず自分のツールにし、生かしていこうと思っています。使えるツールが多い方が、打合せで解決策/対案を出せる可能性が高くなると思っています。
     打合せで大切にしている事は、まず話をしっかりと聞き、理解する事です。当たり前かもしれませんが、分からないことを分からないままにしておくと、後で大事になることがあります。分からないことを、分からないので教えてくださいという勇気も必要だと思います。
  • 話をしっかりと聞き
    理解する事
    自分の将来の夢
     将来は、誰からも頼られる設計者になりたいです。建築、構造、設備が一体となって仕事をする上で、人間関係もとても重要です。それぞれを繋ぎ、コントロールし、施主様からも信頼されるような人間になりたいと思っています。
  • 設計事務所を志望される人へ
     仕事選びで悩まれる方は多いと思います。その中でどこに行けば自分らしく働けるのかを考えて、広い視野で仕事を探して欲しいと思います。建設業界は厳しいと言われていますが、ものづくりは実物として出来上がる楽しみがあります。色々な考えを持った若い世代のみなさんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。