職員インタビュー - 森本 祐馬

職員インタビュー
(2018年時点)
森本 祐馬
設備担当
産業戦略工学専攻修了
2012年入社
一級建築士
名古屋本社勤務
  • 建築設計の魅力
     建築設計の魅力は様々な種類・規模の建物にかかわることができ、その裏側を知ることができることだと思います。オフィスビルや商業施設等、普段の生活では気にしないような建物の“中身”を知ることができます。街中で自分の関わった建物を見るとちょっとうれしくなってワクワクするような、そんな気持ちになれることも設計の魅力の一つだと思っています。
  • 自分の関わった建物を見ると
    ちょっとうれしくなって
    ワクワクする
    挑戦したいこと
     現状で具体的に挑戦したいことと言われると難しいですが、新しい情報や技術には敏感でいるように心がけて情報収集をしています。
     今は省エネ・創エネの時代であり、メーカーや施工業者から新しい商品や手法がどんどん開発されています。そういった情報に敏感でいることで、自分が設計をする際にどんなことができるのか、どこに情報があるのかをいち早く検索することができます。
     最近はお客様にもかなり詳しい方がいらっしゃるので、そういった意味でも情報収集は大切にしています。
  • 大切にしていること
    コミュニケーションを
    しっかりとること
    メリハリをつけて仕事をすること
     仕事をするうえで大切にしていることは2つあります。
     1つはコミュニケーションをしっかりとることです。これはお客様とのコミュニケーションはもちろん、社内の担当者間でのコミュニケーションを密にしてしっかり連携をとることでより良い設計ができると考えているからです。
     2つめはメリハリをつけて仕事をすることです。休む時はしっかり休み、働くときは集中して働く。当然のことのように思いますが、意識をしないとダラダラしてしまいがちなので注意しています。特に子供が生まれてからはオンとオフの切り替えをしっかりして、休みはしっかりリフレッシュしています。
  • 設計事務所を志望される人へ
     伊藤建築設計事務所の良さは、風通しの良い社風とチャレンジできる環境だと思います。
     自分がコレと思ったことはしっかり主張できるし、チャレンジもできる。もちろんそれが間違っていればフォローも入る。担当者の裁量で決まる事柄が多いため、責任もありますがその分やりがいもあります。
     技術職員は1フロアに集まっているためなんでも相談しやすく、設計への素早いフィードバックが可能です。職員も皆仲が良いので、仕事もやりやすいと思います。皆様に会えるのを楽しみにしています。