愛知県赤十字血液センター北館1999

 愛知県赤十字血液センター本館は1987年に基幹センターとして竣工したが、その後の血液事業の変化と多様化に伴い狭隘化がすすむ中、県内血液センターの一体運営を踏まえ、北館が増築された。構造は大部屋を確保する必要があること、将来の改修や増築対応がしやすいことから大スパンの鉄骨造とし、既設本館と一体化した。
 また、センター所有車用の駐車場を1階ピロティーに配置することで敷地の有効利用を図った。

Data

所在地
愛知県瀬戸市
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
鴻池組
敷地面積
46,199㎡
建築面積
5,359㎡
延床面積
10,630㎡
構造
鉄骨造
階数
地上3階
工期
1998年11月~1999年10月
PDF添付