日成共益ビル2009

旧本社の老朽化により建て替えられた新本社ビルで、地区計画による壁面後退によって、道路斜線緩和を受けている。通りに面する1階部分を後退させたのは、空地を設けた隣接ビルとの見通しのつながりと、あまり広くない通りとの間にゆとりを持たせるため。基準階事務室の自然換気用スリットや食堂に面して緑化した中庭を設ける等により建物内に自然を取り込んでいる。

Data

所在地
東京都千代田区美土代町
設計監理
伊藤建築設計事務所
施工
清水建設
敷地面積
580.16㎡
建築面積
476.13㎡
延床面積
3,212.81㎡
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
階数
地下1階、地上7階
工期
2008年12月~2009年12月