三立興産本社2016

新たな街の景観を担う
工作機械を扱う老舗商社による、創業70周年を機とした本社社屋の建て替えである。隣接するビルを取得、ここに本社を仮移転し、新本社を建設してから仮本社を取り壊し、その後全体整備を行った。外観は、工作機械を扱う本社社屋にふさわしく、コンクリート製の列柱で緊張感と重厚感を表現した。西が正面であることから、通年の日射角度を予測して最適な庇とルーバーの位置関係を決めた。見付350㎜・奥行1,000㎜の断面をもつ柱を1.8m間隔に配置し、これにルーバー機能を持たせ窓面からのヒートゲインを抑えた。
交通量の多い熱田神宮と対面する街並みにとって、この建物のリズミカルなルーバー柱の特徴ある外観が新たな景観を呈している。

大河内直哉

Data

所在地
愛知県名古屋市
主用途
事務所
事業主
三立興産
建築主
三立興産
施工
TSUCHIYA
電気:幸栄電気
空調:丸水設備
衛生:丸水設備
構造
RC造
規模
地上4階
面積
敷地:1,187.06㎡
延床:1,162.09㎡
建築:395.02㎡
竣工
2016年3月
『建築画報372号』(2017.9)より抜粋