ホーム > 技術情報
省エネルギー・省資源技術の
主たる実績
屋上・壁面緑化太陽光発電装置
その他の省エネ手法(2009~)その他の省エネ手法(1987~2008)

緑化施設  ~壁面緑化~名古屋市千種文化小劇場「ちくさ座」 ~壁面・屋上緑化~大島造園土木豊田支店
 ~アーカイブ~一宮市民文化会館 内神田サニービル

その他 電化厨房:オークマ可児工場可児プラザ 天窓照明:カインズ矢板流通センター
防振設計:日本車輌製造研修センター 天窓電力シミュレーション

建築の寿命を考える 資産としての建物に生まれ変わるために.. ライフサイクルコスト(LCC) ライフサイクルコストの管理
耐震診断・補強の望ましい建物 診断から耐震補強・リニューアル工事 耐震補強システム

耐震技術採用の事例紹介
 ~五反田C・Sビル耐震補強・改修と更新~改修の概要 改修の解説図・写真 【技術情報ホームへ
省資源・リサイクルの時代を迎えた今、新しい建物をつくるよりも、優良なストック形式が重要視されています。資産としての建物には、その生涯にわたって、いくつかの機能が求められます。
持続するための経済性、安心して居住するための安全性、時代のニーズに対応できる順応性及び居住環境の良い快適性。私達は、ライフサイクルコスト(LCC)=建物の生涯にかかる全費用の経済性を考えた、より計画的な提案をいたします。このように生まれ変わったビルも、資産価値及びイメージUPの保持を守るため、将来に向けて計画的な保守点検が不可欠です。
ぜひ、私達とのコンサルタント契約をおすすめ致します。建物の生涯にわたり、お手伝いをさせていただきます。