ホーム > 技術情報
省エネルギー・省資源技術の
主たる実績
屋上・壁面緑化太陽光発電装置
その他の省エネ手法(2009~)その他の省エネ手法(1987~2008)

緑化施設  ~壁面緑化~名古屋市千種文化小劇場「ちくさ座」 ~壁面・屋上緑化~大島造園土木豊田支店
 ~アーカイブ~一宮市民文化会館 内神田サニービル

その他 電化厨房:オークマ可児工場可児プラザ 天窓照明:カインズ矢板流通センター
防振設計:日本車輌製造研修センター 天窓電力シミュレーション

建築の寿命を考える 資産としての建物に生まれ変わるために.. ライフサイクルコスト(LCC) ライフサイクルコストの管理
耐震診断・補強の望ましい建物 診断から耐震補強・リニューアル工事 耐震補強システム

耐震技術採用の事例紹介
 ~五反田C・Sビル耐震補強・改修と更新~改修の概要 改修の解説図・写真 【技術情報ホームへ
 
建物の経過年数による性能・機能の変化
【参考】

耐震改修促進法
(1995年兵庫県南部沖地震後に制定)

1)1981 年以前に設計された建築物で、多数の者が利用する、3階以上かつ床面積の合計が1000m2以上の建築物の所有者は、耐震診断を行い、耐震改修を行うよう努めなければならない。

2) 所管行政庁は、1981 年以前に設計された建築物で、不特定多数の者が利用する、3階以上かつ床面積の合計が2000m2以上の建築物の所有者に、耐震診断を行い、耐震改修を行うよう指示することができる。





 改正耐震改修促進法
 (2006年1月26日施行)

1)特定建築物の(用途に応じた)規模の引き下げ

幼稚園・保育所 2階・ 500m2以上

小・中学校等 2階・1000m2以上

多数利用( 現行) 3階・1000m2以上

道路閉塞させる住宅・建築物

2)特定建築物の(用途に応じた)規模の引き下げ

幼稚園・保育所 2階・ 750m2以上

小・中学校等 2階・1500m2以上

不特定多数利用
( 現行)
3階・2000m2以上