ホーム > 技術情報
省エネルギー・省資源技術の
主たる実績
屋上・壁面緑化太陽光発電装置
その他の省エネ手法(2009~)その他の省エネ手法(1987~2008)

緑化施設  ~壁面緑化~名古屋市千種文化小劇場「ちくさ座」 ~壁面・屋上緑化~大島造園土木豊田支店
 ~アーカイブ~一宮市民文化会館 内神田サニービル

その他 電化厨房:オークマ可児工場可児プラザ 天窓照明:カインズ矢板流通センター
防振設計:日本車輌製造研修センター 天窓電力シミュレーション

建築の寿命を考える 資産としての建物に生まれ変わるために.. ライフサイクルコスト(LCC) ライフサイクルコストの管理
耐震診断・補強の望ましい建物 診断から耐震補強・リニューアル工事 耐震補強システム

耐震技術採用の事例紹介
 ~五反田C・Sビル耐震補強・改修と更新~改修の概要 改修の解説図・写真 【技術情報ホームへ
天窓照明


 これまでのトップライトは、明るい範囲は限られ、 夏には暑く感じられるものであった。トップライトの 直下に拡散板を挿入することで、明るさの均斉度、断 熱性、結露水滴落下防止が図られた。さらに、照度分 布計算手法が開発されたことで、必要照度に応じた配 置を検討できるようになった。

照明電力の削減
照度均斉度の向上
作業熱環境の向上
   設置列数 12列
   設置間隔 平均10.75m
   設置延長 750m
   トップライト幅 1,000mm

   必要照度 200 lx
   操業期間 8時~18時
   目標消灯時間 操業時間の70%以上

実証調査(2011/4~2012/3)
 この天窓照明プロジェクトに参加したメンバーは、 建築主 (株)アイシーカーゴ様の協力を得て、およそ1年 にわたって各種の調査を行う。この調査により、天窓照明として機能確認、省エネルギー効果測定、他の施設への応用などが期待される。

   参加メンバー
    静岡県工業技術研究所(a)
    (株)スカイプランニング(b)
    東芝ライテック(株)(c)
    (株)伊藤建築設計事務所(d)

    ・トップライト照度分布調査(a・b)
    ・照明電力削減量調査(c)
    ・トップライト熱環境調査(d)
    ・トップライト褪色調査(d)
照度分布図
照明器具と同様に、照度分布計算手法(特許出願中) により、配置を決定。
(資料提供:静岡県工業技術研究所)




荷捌き場内部(均斉度の高い明るい室内となった)



屋外照度と屋内照度
 (11月30日相当 静岡の実測による)




建物概要はこちら